スイーツで夢心地
■ HOME  ■ LINK  ■ SITEMAP

スイーツって?

お菓子スイーツは甘いお菓子や果物のことを言いますが、イメージ的に洋菓子の感覚がありませんか?なんとなくフランス菓子をイメージしてしまいます。もちろん和菓子も立派なスイーツです。雑誌で特集が組まれたり、お取り寄せスイーツが人気を呼んでいますね。

 

ケーキスイーツ?どうしてデザートじゃないの?そう思われる人もいるでしょう。デザートとスイーツの違いは、食べるタイミングで呼び方が変るだけです。デザートは食後に出される甘い果物やお菓子のことを言います。食後かそうではいかで呼び方が変るのです。

『甘いものは別腹』と言いますが、お腹一杯食べたあとでも、甘いデザートは何故か食べられるんですよね。

アイスクリーム、ケーキ、プリン、ババロア、ケーキ……なんでも食べられるような気がします。

外国でスイーツといえば

外国でのスイーツは日本と同じ意味があるのでしょうか。イギリス周辺の国では、スイーツといえば子供向けのグミや飴などを指すようです。

フランス

スイーツの本場といえばフランスが頭に浮かびます。日本でも数多くのパティシエが修行に行く国でもあります。

『フランスで修行した』と言うだけで人気パティシエになれるくらいです。 フランスでお菓子作りが発展したのは、マリーアントワネットが母国オーストリアからクグロフというお菓子を持ち込んだように、政治に絡んだ他国との政略結婚が繰り返されながら、その国のお菓子作りの技術が取り入れられたからだと言われています。

数多くの国からお菓子の作り方が伝わり、そこから様々なスイーツに発展したのです。

ドイツ

ドイツのスイーツといえばバウムクーヘンですね。何層にも分けられて焼かれたスポンジ菓子で、カットすると切り株のようになっています。ドイツではこうしたスポンジ菓子が代表的なものになっています。

イギリス

イギリスでは紅茶によく合うスコーンが有名ですね。外はサクサク、中はしっとりとしているスイーツです。プティングなどもイギリスで作られたスイーツです。

スペイン

お祭りでも見られるチュロスはスペインのスイーツです。スペインでも日本のお祭りのように、気軽に買えるもので、駅や道端の売店などでも販売されています。朝食に食べることも多く、お砂糖たっぷりのコーヒーに浸しながら食べられています。

スイス

スイスはミルクチョコレートの故郷です。様々なスイーツにチョコレートをかけてデコレーションできるのも、スイスのお陰かもしれません。

アメリカ

アメリカの甘いもののイメージといえば、ガムにしてもキャンディーにしても、見た目の色もどぎつくて、歯が溶けるほど甘いイメージがあります。スイーツも手の込んだものよりも、クッキーを手で丸めて焼いただけのものや、パンケーキなどと言ったものが主流です。

イタリア

イタリアのスイーツは、乳製品を使ったものが多いようです。有名なのはティラミスです。苦味と甘さが絶妙なバランスで、一時期大変な人気が出ました。日本でも根強い人気を誇っていて、ティラミス味のチョコレートなども販売されています。

ベルギー

特徴的な見た目のベルギーワッフル。定番中の定番でしょう。本場ではスイーツとしてだけではなく、朝食などにも食べられています。日本のものとは違い、本場のワッフルは少し固いものになっています。

中国

これも御馴染み、中国といえば杏仁豆腐ですよね。さっぱりした口当たりが満腹のお腹にもするすると入っていきます。

杏仁豆腐はコンビニエンスストアでも販売されていて、定番の人気スイーツです。小さな桃の形をしたおまんじゅうも有名ですね。長崎にも見た目が似たようなお菓子がありますが、これは中がカステラになっています。