スイーツで夢心地
■ HOME  ■ LINK  ■ SITEMAP

各地のスイーツ

各地のスイーツ日本各地に、ご当地ならではのスイーツがあります。

スイーツというよりも『お菓子』と言った方がしっくりくるかもしれません。旅行のお土産にもらって、馴染みの深いものもたくさんありますね。

 

和菓子東京は日本中の人が旅行や仕事などで多くの人が訪れます。

羽田空港の売店でも東京ならではのスイーツが数多く販売されています。


ひよこ

東京土産で定番なのが、『東京銘菓ひよこ』です。でもこのお菓子、九州は福岡県飯塚市の菓子屋で生まれたお菓子だということを知っている人は少ないでしょう。

東京オリンピックの頃に東京に進出し、羽田空港や東京駅で販売されるようになり、いつの間にか東京名物になってしまいました。頭から食べるか、お尻から食べるか迷いますね。

東京ばな奈

1991年に登場し、今では東京土産のNO1になっている『東京ばな奈「見ぃつけた」』。老若男女、誰もが喜ぶ味として、材料にバナナが選ばれました。

裏ごししたバナナピューレを使い、スポンジは一度焼いたものを皿に蒸すという製法で、食感をソフトに仕上げています。チョコ味のものもあり、夏季限定でバナナミント味のクリームが入っているものもあります。

同じシリーズでパイや生シュークリーム、クッキーサンドなど、様々なものがありますが、やはり人気は『東京ばな奈「見ぃつけた」』のようです。

人形焼き

中央区日本橋人形町が発祥の地といわれている人形焼きは、カステラにこしあん、小倉あんなどを入れて焼いたお菓子です。あんにはカスタードクリームやさくらあん、抹茶あんが入っているものもあります。

伝統的な形は、雷門や五重塔、文楽人形、七福神を模ったものですが、時代と共に様々な形が出てきています。

虎屋の羊羹

虎屋の羊羹は、小豆煮てから練りあがるまで、3日をかけて作られています。小豆の粒が入っているものや黒砂糖風味、抹茶風味、ハチミツ入りなど、様々な羊羹があります。

神奈川のスイーツ

神奈川県に有名なお菓子なんてあった?なんて言わないでください。あるじゃないですか。とても有名なアレが

鳩サブレー

鎌倉市で作られているサブレーです。明治時代末期に発売されてから今日まで、鎌倉土産として有名で、神奈川県を代表する銘菓です。フレッシュバターをふんだんに使った鳩の形のサブレーで、牛乳と一緒に食べるとおいしいです。

名古屋のスイーツ

実を言うと、『ういろう(外郎)』は、名古屋だけではなく、宮崎や徳島、京都などでも作られていますが、やはり有名なのは名古屋でしょう。

名古屋のういろうは米を主とした粉に、黒砂糖を加えて蒸しあげたものです。抹茶やゆずなど、様々なバリエーションがあり、学校給食にういろうが出されているというのですから驚きです。

神戸のスイーツ

神戸のスイーツと言えば『ゴーフル』でしょう。薄焼きの洋風せんべいがサクサクとした歯ざわりになっていて、間に濃厚なクリームがサンドされています。いくつ食べても飽きない味です。

大阪のスイーツ

栗大阪を代表するお菓子は『粟おこし』です。米を原料にしていて、細かく砕き、水あめのシロップとゴマやしょうがなどを混ぜて固めたものです。

奈良時代からある歴史あるお菓子です。『身を起こし、家を起こし、国を起こす』縁起のいい食べ物として人気があったそうです。

京都のスイーツ

京都と言えば、なんと言っても『八つ橋』でしょう。シナモンを入れた生地を薄く焼き上げた、固焼きせんべいになります。焼かないで蒸したものは『生八つ橋』と呼ばれます。シナモンが苦手な人は食べられないかもしれません。

北海道のスイーツ

北海道北海道と言えば、乳製品のイメージがありますが、代表するお菓子といえばやはりこれでしょう。

白い恋人

賞味期限問題を起こしても尚、断トツ人気を誇るのがコレ。サクサクとした歯ざわりのラングドシャークッキーにチョコがサンドされています。チョコはミルクチョコとホワイトチョコがあります。ドリンクもありますが、やはりクッキーでしょう。

バター飴

道南にあるトラピスト修道院で作られている『トラピストバター飴』は、とても農耕な味で人気があります。同じく道南函館にあるトラピスチヌ修道院の『トラピスチヌクッキー』も人気があります。ちなみに、トラピストは男子修道院で、トラピスチヌは女子修道院です。

生キャラメル

芸能人、田中義剛さんの経営する牧場で全て手作りされている生キャラメル。最近爆発的な人気で、偽者まで出回る始末です。口どけがありえないくらい柔らかいキャラメルです。