スイーツで夢心地
■ HOME  ■ LINK  ■ SITEMAP

食べ放題

食べ放題スイーツの食べ放題なんて、そんなに思ったほど食べられないんじゃないの?

……普通そう思ってしまうのですが、いざ食べ始めると、どんどん食べられるのですから自分でも驚いてしまいます。

通常の大きさのスイーツのところもあれば、食べ放題用に小さめサイズのスイーツを出しているところもあります。小さいサイズのスイーツだと、色んな種類をたくさん食べられるのでいいかもしれませんね♪太るのも気になるけど、一度行ったら病み付きになる魅力があります。

 

ケーキバイキングホテルのレストランで、ケーキバイキングを行っているところが多くあります。デザートヴュッフェとも呼ばれています。そのホテルによって、平日だけ行っている場合と、週末と祝日だけ行っている場合があります。

共通するのは、時間が限られているということです。せっかく張り切って行ったのに、バイキングの時間が終了していたというのではガッカリですので、事前にちゃんとチェックしてから行くようにしましょう。料金もホテルによって様々で、約1,800〜3,500円と幅があります。種類の豊富さもそれぞれ違うので、食べ歩いて比べてみるのもいいかもしれませんね。

甘い物ばかりですので、最後の締めは口当たりの良いものを食べるようにしましょう。飲み物もコーヒー、紅茶、ソフトドリンクと選べるホテルがほとんどです。ホテルのスイーツが食べ放題で、この価格を高いと思うか安いと思うか、あなたはどっちですか?

食べ放題専門店も

ホテルのバイキングとは違い、食べ放題専門店もあります。そのほとんどが、スイーツだけに限らずに、食事の食べ放題の中にスイーツもあるという形式でしょう。食事がメインの食べ放題になりますが、最近ではスイーツも充実していて、数多くの種類が並んでいます。

オーダー式食べ放題

テーブルでオーダーする方式の食べ放題の場合、注文してからテーブルに運ばれるまでの間、忙しい時間帯だと待たされる可能性もあります。

時間が空いてしまうと満腹になってしまい、注文したものが食べられなくなってしまう可能性もありますので、お皿が空く直前に次のオーダーを注文するといいでしょう。友人と時間差で注文し、テーブルの上のものが途切れないようにするのもたくさん食べられるコツです。

バイキングのマナー

スイーツバイキングだけではなく、食べ放題の店内を見ていると、マナー違反をしている人を大勢見かけます。払ったお金の元を取ろうとしている人も多く、一度に皿の上にたくさん取り分けてしまう人がほとんどです。

フルーツバイキング形式では、元をとるのではなく、自分のお腹のすき具合に合わせ、1度に食べられる量を少量ずつ取り分けて食べるのがマナーです。

皿に乗せすぎて食べきれないということのないようにしなければいけません。

食べ残しがある場合、追加料金を払わなければいけないところもありますので注意しましょう。

絶対やってはいけないこと

バイキング会場で絶対にやってはいけないことがあります。それは1度使った皿の使いまわしです。せっかくマナーを守って、1度に食べられる量だけ皿に盛り付けているのに、次に取りにいくときに、あいた皿を持っていって取り分けるのは、衛生上絶対にしてはいけません。

新しい皿に取り分けて持ってくるのがマナーです。また、1度皿に取ったものを多すぎるからといって、再び戻すことも絶対してはいけません。自分で何気にやったことでも、他人がやっているのを見ると気になりませんか?やられて嫌なことは自分もやってはいけないのです。誰かがやっているから自分も!と、ならないようにしましょう。

隠れてやっている人も多いようですが、持ち帰ることもマナー違反です。絶対にしてはいけません。食べ放題は開放的なイメージがありますが、仲間同士で騒ぎすぎず、きれいに食べて残さずに帰るようにしなければいけません。皿に取り分けるときに友人同士で騒いでいる人もいますが、食事をする場所だということをわきまえて、大声を出さないようにしましょう。